• Pizza-Aqua ナポリピザとパニーニのお店

PIZZA AQUA 広報・企画の『rascal』です。

一般的にコーヒーは酸素に触れることで酸化が進み、味や風味がどんどん損なわれていきます。
そのため、お気に入りのコーヒーを長く楽しむためには、コーヒー豆を保存するためのキャニスターが必要となります。キャニスターといっても素材やデザインなど様々な種類があり迷うと思いますが、コーヒーを淹れる頻度やコーヒー豆を購入する間隔などを考慮して購入するのもありかと思います。

今回紹介する『珈琲考具』の『キャニスター』はステンレス製で内側に蓋が設けられていて、コーヒーの酸化を和らげつつ、湿気や日光からも守ってくれる構造となっています。
ステンレス素材で気になる金属特有のニオイ移りも個人的にはほとんど感じられないため、安心して使用できるかと思いますが、金属のニオイが苦手な方は避けたほうが良いかと。

やはりステンレスの素材感好きには納得のキャニスターです。コーヒー豆とのコントラストも。

本体の蓋と中蓋の間には、同じく『珈琲考具』の『10gメジャー』がキレイに収まります。
同じブランドなので当然ではありますが、ここにメジャーを入れておけるのは便利ですし、素材の統一感も気に入っています。

10gメジャー

○品名
  珈琲考具キャニスター
○サイズ
 外側 外径7.9×高さ11.4cm
 内側 内径7.4×深さ8.3cm
○重量
 約165g
○容量
 コーヒー粉 約100g
○材質
 フタ&容器:ステンレス
○原産国
 日本
○価格
 ¥3,850(税込)

コーヒー豆は焙煎から数日後には味や風味が落ちていってしまうと言われています。
週末にコーヒーを淹れることが多いため、2週間で100gを目安に購入しています。珈琲考具のキャニスターは100gと一般的なキャニスターの保存量としては少ないですが、おうちで飲む頻度がそこまで多くない方にはオススメのアイテムです。
※お店でのコーヒー豆の購入単位は200g~が多いので、コーヒー仲間と100gずつシェアしたりするのも良いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA